シュノーケリング



前回シュノーケリング体験のない姉達は、波打ち際で、浮輪などもって遊んでいましたが、足の立つところでゴーグルをつけて見た海が忘れられなくなり、次は絶対にやると、今回ムンジャガンに来ることになりました。
ムンジャガンには『鹿』という意味があります。
ムンジャガン島は、無人島で、名前の通り鹿が生息しています。

前の入島の時は波があったので、反対側の桟橋に船を止めて、船の上から海に入りました。
島を一周すると、ガネーシャ像などを建設していました。

私も、シュノーケリング経験は、あまり無かったのですが、あがってみると2時間以上海に入りっぱなしなのに驚きました。
あまりの楽しさに、興奮して時間を忘れる程長い間、海の中をのぞいていたのです。
ライフジャケットを着て浮いているだけの私でも、色とりどりの魚たちと一緒に泳いでいるようです。
今回は水中カメラがあり、この感動を、皆様にもおすそわけができます。
私は潜れませんが、甥の陸とスタッフが活躍をしてくれました!
沢山の魚の群れの中にいると、触ることもできます。
ふぐを捕まえてきてくれたりもしました。
少し休んで又入りたいと思っていたら『帰りま~す』と言われガックリ!・・・そうです、自然を守るために、ムンジャガン島には、3時間以上滞在してはいけないのです。

時間を忘れ、歳も忘れ、本当に楽しいひと時でした・・・。