ジンバランのシステム


店の入り口に、魚などが並んでいるので、名前は知らないけれど
『この魚がいい!』
とか、
『貝2kg!』
とか、皆で食べれそうな量をお願いします。
そして、席に着き、まず飲み物を注文します。
『ビンタンビール!』
揚げたピーナツ(ガーリック味)と一緒に運ばれてきます。
美味しい物の前なので、一口だけ・・・と思うのですが、
食べ出したら、もう止まりません!

焼きあがるとすべて一気に運ばれてきます。
セットで
ごはん・茹でジャガイモ・カンクーンの炒め・デザートです。
サンバルが4種類出てきます。
 1)ニンニク油
 2)玉ねぎ等のみじん切りで、ちょっと爽やか
 3)唐辛子いっぱいのからーいサンバル
 4)甘いしょうゆに唐辛子を入れたもの

 

ジンバラン



バリ島デンパサールの空港に着陸する時に、右手に見えるのがジンバランの海岸です。
イカン・バカール(シーフード屋台)の店が並んでます。
日本の海の家のようです。
それぞれの店の幅で、海岸の波打ち際までテーブルが並べられています。
椅子に座ると、砂地なので、もちろん沈みます。
その調整をそれぞれして、やっと落ち着きます!

この頃は、日本人観光客も多いので、とっても綺麗なレストラン風の店も増えました。
何軒か行ってみましたが、サンバルの味や焼き方が違うのか、やっぱりいつもの「カフェ ニョマン」が、安くて美味しいです!
滞在中には、必ず1~2回いきます。

今回のバリは、仕入れだけでなく、姉妹が1週間揃うように予定を組みました。
主人も7年ぶりのバリで、私のバースディの日に夕方着きました。
イタリアンレストランでパーティーでもと思ったのですが、主人の一番好きなジンバランに空港から直行しました。
この年でお誕生日でもないしね!
でも、姉や妹ファミリーが、ケーキとバンドを用意してくれたのですよ。
おかげで、最高のバースデーになりました!

 

子供のファッションショー

今年のバレンタインデーは、日曜日ということもあって、色々なイベントが見られました。
ショッピングモールで子供のファッションショーをやっていました。
凄い熱気でした。
可愛い子が色々なファッションで、歩きがプロ顔負けの子もいたり、又どうしていいかわからない子がいたりで、とてもかわいかったです!
前列に審査員が数名メモしながら採点してるようでした。
高校生ぐらいの子もピンクやシルバーのウイッグをつけたりして、スタンバイしていました。
他の場所では、バンドをやったり、旧正月ということもあるので、中国の獅子舞のようなものもみられたり、いつものバリと違う一面を見ました!

画像をクリックすると大きく表示されます

 

タムカミホテル

以前ご紹介した、ナタバレも捨てがたいホテルです。
料金が宿泊日数でだいぶ違うのが、ナタバレです。
・・・というわけで、長期の方が多いです。
子供が小さい方は、庭が広~くて、すべてが見渡せるので、安心して自然の中で遊ばせることができます。
道を挟んでまん前のレストランで、毎日バンドが入り遅くまで盛り上がっていますので、風向きにもよりますが、音がよく聞こえます。
私は、遠くで音を聴いているだけでなく、たまに輪の中に入ります。

今回初めて泊まったタムカミホテルは、プールを囲んで部屋があるという形なので、子供が走り回る事はできませんが、プールサイドでゆっくりするには、とってもいいです。
マッサージもお手頃価格です。

タンプリンカン通りに面して入口がありますが、細い道でちょっと奥まっています。
敷地に入ったとたんに、空気が違います。
なんとなく、ウブドのような癒される空気感です。
ベルギー人のご夫妻が1999年に始めて、同じ敷地に住んでいらっしゃいます。
今では、ご養子に迎えたバリ人夫妻が頑張っていますが、ご主人は、レストランなどでお会いすると、
「何か問題は、ありませんか?」
「今日は、ハッピーですか?」
なんて声を掛けてくださいます。
18部屋の小さなブティックホテルですが、スタッフも良くしてくれます。
朝食を一人で取っていると、
「隣のご夫婦は日本人ですよ!」
とそっと教えてくれます。他の方と英語で会話されていると、どこの国の方かわからない方が多く、このクラスのビラでは特に分かりません。
そんな私も、今迄何度もインドネシア人に間違われてますが・・・・・!
今回バレンタインに泊まっていたのですが、フロントに用事があり行くと
「ハッピーバレンタイン!」
と言われました。
何だか日本よりお祭り気分!夕方になると、若い女の子はピンクの洋服を着ている子が多くなります。
「皆ハッピーですね!」
お部屋も広く、バスタブとシャワーが別にあり、とっても使いやすいです。
テレビもNHKが見れるし、レストラン等に無線LANがあるようで、PCを使っている人もいました。
6月も予約しましたが、ツインで61ドルでした。
プールサイドのバンガロウタイプで90ドル部屋も広く見ると迷いましたが・・・・・・私はスタンダードで充分です。
朝食もアメリカンブレックファーストでパンも美味しいです。
ナシゴレンも、とってもシンプルで美味しいです。
帰ってきて知ったのですが、ブブル(バリのおかゆ)も美味しいそうです。
6月行ったら食べようと思ってます。
夜は外からもレストランに食事に来る方で賑わいます。
週4日バンドが入ります。
オーナーもよくそんな輪に入り、お酒を楽しんでいらっしゃいました。
2~3週間滞在する私は、いつもこのクラスのホテルを探します。
高級ホテルは間違いがないのですが、このクラスは泊まってみないと分かりません!・・・なので良いホテルと出会うと、とっても幸せ気分です。

 

UBUDで象に乗る!

勿論、象に乗るなんて、生まれて初めての体験です。
ワクワクしながら向かいました。
迎えの車で一緒の二人は、コマネカ・リゾートで昨日結婚式を挙げたばかりの新婚さんでした。
ホテルの日本人スタッフとメールのやり取りで打ち合わせをしたそうです。
想像以上の式ができたようです。
二人きりでバリに来て、参列者は、バリ人が沢山!
こんな式もいいですよね。
式の前にお知り合いになれたら、参列できたのに・・・・・・などと思ってしまう程、幸せいっぱいの会話で、40分程の道のりも、すぐに着いてしまいました。

いよいよ象に乗ります。
あんな大きな背中にどうやって乗るの・・・?かと思いきや、高い台への階段を上ると、すぐ横に象の方が来てくれました。
象は山道をゆっくり歩いてくれます。
象使いのお兄さんが、日本語で「象さん」や「ポニョ」などを歌ってくれたので、皆で合唱しました。
童心に帰って楽しい30分でした。
降りてから、くだものを食べさせました。

 

大きな目は可愛かったのですが、下に降りると、その大きさと長い鼻の動きが、なんだか怖かったです。
傍にいた子象にも餌をやりました。